良い条件で手放すために|不動産で物件を購入|自分の生活に最も適している部屋を探そう

不動産で物件を購入|自分の生活に最も適している部屋を探そう

ファミリー

良い条件で手放すために

玩具の家

売値や売却時期

大阪では、競売件数が激減すると同時に、任意売却の件数が増えてきています。具体的には、大阪での競売件数はここ5年ほどで約半分に減少しているのです。なぜなら住宅を手放す場合、競売よりも任意売却の方が売り手にとって良い条件となるケースが多いからです。具体的には、競売の場合は売値について買い手と交渉することができないのですが、任意売却の場合は可能です。つまり、任意売却の方が高く売れる可能性が高いと言えるのです。また売却時期も、任意売却の場合は買い手との交渉が可能となっています。そのため、住宅をすぐに手放すのではなく、その時期をある程度は先延ばしにすることができますし、その分新生活の準備に時間をかけることができるのです。

買い手や債権者との交渉

さらに任意売却の場合、買い手とのこういった交渉を、専門家に任せることもできます。売り手は、買ってもらうという負い目から、買い手に対して要望を強気で伝えることができない場合もあります。しかし専門家なら、基本的には第三者の立場なので、交渉で弱気になることなく、売り手の有利となるように話を進めていくことができるのです。もちろん買い手との交渉だけでなく、債権者との交渉もおこなわれます。これにより、住宅ローンの残債の返済ペースを緩やかにしたり、あるいは残債そのものを減額したりすることが可能となります。大阪には、こういった任意売却の専門家が多くいます。つまり自分にとって都合の良い条件で住宅を手放すことができるわけですから、そのため大阪では任意売却がさかんにおこなわれているのです。